Q&A
ホーム > Q&A

Q&A

お金を借りたい方

Q1:どんなところから借りられるの?
A1:それぞれの金融機関を簡単に紹介します。
1.日本政策金融公庫

政府が100%出資している政府系金融機関で、中小企業向けの長期融資等を主に行っている金融機関です。

2.都市銀行(都銀・メガバンク・準メガバンク)

大都市に本店を置き、全国展開している普通銀行です。

大規模な投資、国際業務等、幅広く活動しています。

3.地方銀行(地銀)

各都道府県に本店を置き、地方を中心に取引を行う普通銀行です。

地元の中小企業や個人をメインに取引を行っているため、中小企業にとっては重要な資金調達先です。

4.信用金庫(信金)

各会員からの出資による、協同組織型の地域金融機関です。

その地域限定の中小企業や個人 のための専門金融機関です。

5.信用組合(信組)

各組合員からの出資による、組合員の相互扶助を目的とする非営利の金融機関です。

預金の受け入れと貸し付けが組合員に限られています。

それぞれの特徴として、都銀・地銀は株式会社であるため、利益重視の経営を行っています。

対して信金・信組は、地域住民や企業が、互いに助けあおうという相互扶助を目的としています。

当事務所では日本政策金融公庫のマル経融資をお勧めしております。

※詳しくは当事務所までご連絡下さい。

Q2:信用保証協会って何?
A2:お金を借りる時に保証人の代わりに保証人になってくれる保証機関です。
  • 信用保証協会付き融資…保証協会の保証がついている融資
  • プロパー融資…保証協会の保証をつけず、金融機関が独自に行う融資
  • 制度融資(創業融資)…地方自治体が、起業家・中小企業へのサポートを目的とした制度を利用して行う融資(信用保証協会付き融資の一種)

それぞれの特徴として、プロパー融資は、貸す側(金融機関)としては、

リスクが高い融資であるため、起業・開業からの融資は厳しいです。

対して制度融資は、自治体の担当者等が審査・面接等を行い、紹介状を書いてもらい、銀行へ提出し審査となります。この場合、事業計画書の作成が必要となります。


※制度融資の対象者・融資条件及び事業計画書の作成等に関しては、当事務所までお問い合わせ下さい。

Q3:具体的な融資の条件ってどんな感じ?
A3: 金融機関によって一概には言えませんが、日本政策金融公庫を例に挙げてみます。
(新創業融資制度の場合)
  • 融資額 1,500万円まで
  • 利率 3.8%
  • 無担保 無保証
  • 申込から融資まで 約1ヶ月
※ 但し、申込融資額の1/3以上の自己資金となります。
(マル経融資の場合)
  • 融資額 1,500万円まで
  • 利率 1.6%
  • 無担保 無保証
  • 申込から融資まで 約1ヶ月
※ 商工会議所の推薦状が必要となります。
※ 詳しくは当事務所までお問い合わせ下さい。

補助金・助成金を受けたい方

Q4:補助金・助成金って何?
A4:補助金・助成金とは、融資とは違い、国から貰える返済不要のお金です。
Q5:どんな会社が貰えるの?
A5:創業し・開業した場合や、新たに人を雇う場合等に貰えます。